東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

藤井寺市でOB様宅訪問と構造見学会を行いました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

工務店の見学ポイントのOB施主さん宅訪問と構造見学会

 

先週末の土曜日に昨年、竣工した藤井寺市のお客様のご協力でOB訪問見学会をさせていただきました。最近はなかなかOB施主さん宅の見学会をしていませんでしたが、今回は多くの方にご来場いただきました。ありがとうございました。通常の完成見学会だとなかなか聞けない住まい手さんの生のお話なども聞いていただける貴重な機会でもあります。

また、家の写真や資料だけではなかなかイメージがわかなかったり、打ち合わせなどで分かりにくいところなども、実際にある家で確認していただくのが理解するには一番の早道かもしれません。

次回は4/27(土)に奈良市の古材をつかった新築の家で予定しています。詳細はこちらまで。

 

・今回、ご質問されたことを抜粋すると

Q.床下エアコンで床下のほこりを吸わないのですか?

給気口は室内側にあります

「昔の家のようなスチールの窓枠が好きなんだけどどうですか」

「昔のままの仕組みだと結露するから使わない方がいいと思います

「キッチンの高さはどれぐらいがいいですか」

「人によりますが、最近は85cmが標準サイズです。洗い物には高い方がいいけど、埋め込みコンロにすると深い鍋などの底が覗き込みにくくなります」(こちらのおうちは、シンクのつくアイランドユニットの高さ85cm、コンロのつく壁付けユニットの高さ80cmとされています。)。

 

最後の質問は近くにいらっしゃった住まい手さんからも「720mlの調味料瓶を小分けせずにつかっているので、それが入る高さの引き出しが欲しいのでつくってもらった」ことなどあれこれキッチンの打ち合わせしたことをお話しくださりました。この辺りはOB様宅ならではの情報だと思います。

 

今回は、近くで工事中の新築現場もあわせて見ていただくこともできました。壁に断熱材を入れる前の状態でしたので、構造的なことだけでなく、断熱気密の処理など家ができてしまうと見えないところなどをご覧いただきました。

 

床の間をきれいにしつらえてくださっていました。

IさまとHさま、今回もいろいろとありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら