東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

雑草と芝生対策:「雑草を楽しむ庭づくり」を読んで、刈り込んでみました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

輝建設のコハラです。

ゴールデンウィークはみなさま、いかがお過ごしだったでしょうか。

私は10連休というわけにはいきませんでしたが、いつもより多く、休日をいただきました。そこで昨年末から住んでいる家の庭の手入れをしてみまし、、、というか、雑草刈り取りだけですがやってみました。

雑草を高さ5cmに刈り揃えるだけ

参考にした本が、「雑草と楽しむ庭づくり」という本。しばらく前に工務店仲間の社長さんがSNSで紹介されていました。購入してから積ん読(=放置)していましたが、庭の手入れに合わせてさらーっと斜め読みしました。

雑草対策というと、ひたすら抜くというイメージでめんどくさいな~っとずっと思っていましたが、SNSで件の社長さんが紹介されていたのは、5cm高さに雑草を刈り揃えるだけというお手軽な雑草対策だったので、いつの日か!ということで積ん読の理由です。

本の内容は、無農薬で雑草とどうつきあうのかということを全編にわたって紹介されています。前半部分は雑草といわれるような草を紹介されていましたが、ここを読むのは後回しにして、まずは、中盤以降の実践編以降に目を通しました。

実践編に、雑草を高さ5cmぐらいに刈り取るのが一番雑草の成長が遅いということに気がついたと書かれていました。

それ以上短くすることもできるのに、なぜ5cmなのかというと適度に地面への日射を遮って他の雑草のタネが発芽することを抑制することができるそうです(ほかにもいろいろと書いてありましたが、詳しいことは本をお読みください)。

5cm高さに草の高さを揃える方法は、草ぼうぼうになる前の5月中旬ぐらいまでに一度刈る。ということなので、 ゴールデンウィークはまさに打ってつけの時期でした。

5cmだったら、電気草刈機で簡単に刈れるわ、楽勝、楽勝と思っていました。が、刃がサビサビでつかいものにならず。ホームセンターに刃を買いに行けばよかったのですが、早く刈ったところを見たいので手バサミで刈ってみました。

4m*15m=60m2程度の庭の雑草をおおよそ1時間半ぐらいで大体5cmぐらいをめどに刈り取りました。上の写真は事後。手バサミでちょきちょきしてると結構刈り残しありますが、まあこれぐらいで勘弁してもらいました。

あ、事前の写真を撮り忘れていました。刈る前は背の高い雑草は20cm高さぐらいになっていましたから、放置すればちょっとした草むらになりそうな二歩ぐらい手前の感じでした。まあ、グラウンドカバー風なぐらいなまでになったので、これぐらいだったら満足な仕上がり。

これなら子供を外に裸足で出して遊ばせてもいい感じです。

上はゴールデンウィーク中に行った生駒山中腹にある、ラッキーガーデンというカレー屋さんです。雑草がいい具合の高さに敷き詰まっています。

雑草抜かなくていいというイメージを持てたので、庭の雑草対策、ずいぶん気楽になりました。

2週間に一度、刈る

3日後の今朝。草、伸びてます。。。

今回、参考にした本で著者の曳地さんは、高さを揃えるために2週間に一度刈るということでした。

電気草刈機の刃を買っておこうと心に誓いました! 手バサミでだとなかなかたいへんだったもんで。

芝生対策も5cm高さで刈り取ればOK

以前お住まいだった方の張った芝なのか、30年前の新築時(うちは自然素材リフォームされたOBさん宅をお借りして住んでいます)の芝がのこっているのかわかりませんが、暖かくなってきてからのまだらに残っている芝の成長がすごいです。

「雑草と楽しむ庭づくり」には、芝生も5cm高さで刈り込み対策でよいということも書かれていました。ゴルフ場のように短く刈り込まなくてもいいのではというご意見でした。学生時代に寮住まいだったとき、夏は日曜日ごとに庭の芝生を短く機械を使って刈り込みさせられていたのを思い出しましたが、こちらもぴっちり揃えなくていいというのが気楽に構えれていいです。

芝生だけで青々した庭を作るというのでなく、いろいろな物が生えていて5cm高さだけで揃えるだけということであれば、とりあえずここの庭の維持はやっていけそうかなと思いました。

2週間後どれぐらい雑草さんたちが成長しているのか、怖いながらも今年の夏、草刈りでグラウンドカバー風に庭を雑草で維持できるのかどうか楽しみです。

======

今回もご精読ありがとうございました。

======

Facebook
https://www.facebook.com/teru.osk.jp/

Instagram
https://www.instagram.com/teru_kensetsu/

この記事を書いている人 - WRITER -