東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

機密書類、人夫の台帳などを関学の先生に解説していただきました。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

10537040_10202337462860567_3864363205265585367_n

 

jp, en

本日は、関西学院大学で日本史学を教えていらっしゃる高岡裕之教授が来社。当社社屋で見つかった、先の戦争で日本陸軍の下士官だった方の機密のハンコが押された書類や、大東の旧家を解体されるときに色々と譲り受けた書類というか数々の台帳についてご解説いただきました。機密がなぜ機密だったのか、、、、合点がいきました。某国が攻め入ってきたときの想定や、丼池通りでの防空演習の記録、大阪毎日の付録の世界地図の解説、贅沢な歴史の授業でした(後半の人夫台帳などの解説は仕事があったため、聞けませんでした。しくしく)。

Today, an history professor of Kwansei gakuin university visited my company to see some historical staffs we have. One of them, those are on this photo, are mementos of an Japanese army officer in WW2. He was a relative of the owner of my office. I found these secret papers and maps with stamp of officially secret when I renovated this site as my company’s new office. Today’s lecture was really impressive and very interesting to know our ancestor’s daily life. The professor was able to find and imagine this officer’s daly life as not only a officer also an ordinary people.

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -