東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

木材の変色

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

奈良県吉野郡の製材所を見学させていただいた際、興味深いお話を聞かせていただきました。夏の大敵といえばお肌の日焼けですが、木材も実は日焼けをします。木材に太陽の紫外線が当たると、木材のリグニンやポリフェノール類をもつ抽出成分が光を吸収して、変色を引き起こします。

IMGP0257

「え、これ腐ってるんじゃないの?」と心配になりそうな色味ですが、ご安心ください。紫外線は木材の内部までは到達しないので、このように変色が起こるのは表面だけです。つまり、表面を削ってあげれば、再び木の色が現れてきます。

この日、製材所自体はお休みだったのですが、案内してくださった方の粋な計らいで、ツインソーという製材機を使って、目の前で削ってくださいました!(ありがとうございます!)

IMGP0265

IMGP0272

IMGP0270

美しい無節の薄ピンク色の木肌にうっとりです。無垢材ならではの強みですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら