東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

リノベーションの流れと見積

 

見積もり例

富田林の家3(リノベーション)

 

建築本体工事 約10,450,000
給排水設備工事 ※1 約600,000
電気設備工事 ※2 約600,000
ガス設備工事 約300,000
外構工事 ※3 約600,000
諸経費 約1,400,000
設計費 約200,000
総額(税抜) 約14,150,000

※1 衛生器具含む / ※2 照明器具含 / ※3 石撤去、土舗装施工など

◆より詳細なお見積もり例はコチラ

 

家づくりのスケジュール

 

当社のリノベーションは単なるモノの置き換えでなく、更なる快適さや、お客様の個性やライフスタイルに最適の工夫をプラスするお手伝いを目指しています。水回りの入れ替えから、構造だけ残すまで解体したスケルトン状態で始まる大規模な工事までお受けしています。
お気軽にご相談ください。

 

初回のご相談【無料】

お住まいで改善したいポイントや、これからの住まい方などご要望をお聞かせください。ご自宅でヒアリングまたは、当社事務所「石切ヴィレッジ」にて実際にリノベーション工事した建物を見ながら、打ち合わせもできます。趣味やリノベーション後の夢のくらし方などをお聞かせください。当社の数多いリノベーション工事で得た経験をもとに、一緒に考えさせていただきます。

※購入前の中古住宅、中古マンションのリノベーションのご相談もお受けしています。

 

 

 

 

プラン提案のための実測 有料:5万円[税別]

完成から時間の経った住宅では図面がないことも多いですが、プラン作成や今後の打ち合わせのために現況図が必要となります。ご自宅を簡単に測り、1/100の間取図を作成します(手描き)。(※正確な図面がある場合は、この作業は必要としません。)

これからのくらし方をお聞かせいただいたのち、プランをご提案させていただきます。

※この実測では、床下の調査・小屋組などの隠れた部分の構造や腐朽具合などの詳細な調査は行ないません。プランを提案するための正確な間取り図を作成するためとお考えください。

詳細調査および図面作成・概算見積 20万円[税別]

プランが固まれば、2の簡単な実測では行わなかった、床下・小屋組などの調査を含む詳細な実測(※)を行います。

これを元に傷んでいる箇所の特定や構造の確認を行ない、概算見積書を作成し、ご提出いたします。その後、図面をもとにプラン確定のための打ち合わせを進めます。

※非破壊による調査のため、蟻害・腐朽箇所すべての発見ができない場合があります。

これまでにリノベーションを多数手がけた当社ならではのプランに、お客様の考える今後の夢を詰め込んだ平面プランをご提案します。

 

設計契約 有料:50万円〜200万円[税別] (工事金額に応じます。工事金額の10パーセント。上限200万円)

概算お見積もりに対する了解を元に、当社と「設計契約」を結んでいただききます。

契約後は、平面詳細図・展開図・設備関係などの詳細図面の作成に取りかかります。

 

 

 

 

打合せと詳細見積提出

間取り・仕上げ・各部材など、着工前までに決めておくべきことの打ち合わせも平行して進め。(平均5回) 詳細図面を完成させます。それを元に積算を行ない、詳細見積を提出します。予算調整が必要であれば、お打ち合わせを重ねます。解体しなければ発見できない傷みなどもありますので別途予算を確保しておくことをお勧めします ※工事内容によっては、役所での住宅建設に関連する法規の調査や建築確認申請の準備も進めます。

工事契約

設計契約後に作成した各種図面、それを元に積算された工事見積書・契約金額や支払い条件の工事契約約款などの説明の上、ご確認をいただき、工事契約となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

近隣へのご挨拶

工事前には工事現場のご近所様に当社担当者がごあいさつに伺います。その際、工事期間中の緊急連絡先などを記載した書類をお配りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

お性根抜きなどの式典

ご仏壇や神棚の移動や、古くから伝わるものが多くある古民家再生工事の場合、お坊さんや神主さんを呼び、お性根抜きをされることが多いです。

大掛かりな工事の場合、地鎮祭をされることもあります。2万円〜5万円が相場のようですが、神主さんを呼ばずに当社で簡単に済ますこともできます。

※地鎮祭はご希望の場合に実施(式典準備費:2万円[税別])

解体工事

工事部位の水道・電気・ガスなどを止める作業後、不要な部分・部位の解体工事を行います。解体業者だけでなく、リノベーション後も残る部分の取り合いなどは大工が作業いたします。

解体ゴミは産業廃棄物として適切な処理を行ない、産業廃棄物管理表・建設系廃棄物マニフェストをもって管理します。不要物などは別途費用に処分をお受けしています。

 

10解体工事後の現場確認

着工前の非破壊調査ではわからなかった部分の構造の確認、腐朽箇所の特定などを行います。

解体前に想定していた工事内容や構造の補強などでは対応ができない場合は、このタイミングで補修方法、プランや仕上げの変更などの打ち合わせをお願いしています。

11構造の補強・補修

施工現場に材料を搬入し、構造の補強・補修を行ないます。

このとき建物に負担を与えないように、可能な範囲内で建物の傾いている柱を垂直に近づけます(マンションリノベの場合は構造の補強や補修はマンション管理組合さんの担当工事となります)。

12美装工事

竣工後にあらわしになる柱・梁などを、長年に積もって固まっている汚れをとる作業を行ないます。

 

 

 

 

 

13木工事当社平均2〜6ヶ月

木造住宅でいちばん時間がかかる作業です。当社が信頼して工事を委託する大工さんが毎日、朝から晩まで作業いたします。

 

 

 

 

 

14設備工事

電気・水道・ガス工事等を行います。構造の補強・補修段階から、お引渡し直前まで工事の進捗状況に合わせて何度かに分けて施工します。

キッチン・お風呂などの水回り、付け足し付け足しで漏電の可能性のある電線、ガス配管など全面改修の場合は宅内はすべて刷新すること基本としています。

15断熱気密工事

スケルトン工事の場合、新築同様に柱の間やコンクリート壁面に断熱材を充填することが可能です。建物内の隙間をなくす気密工事や防湿シートの施工も合わせて行ないます。

 

 

 

 

16左官工事

当社では、人気なのは中塗り仕上げ。日本で昔から使われている土とワラやスサをまぜた左官材です。

本来は下地なので、あとからシックイなど仕上げ材を塗ることも可能です。それ以外にも樹脂やモルタルを使っていない珪藻土も人気です。

 

 

17内装工事

ドイツ製の不織布に大理石粉の塗料が一番リーズナブルな仕上げとなっています。ビニールクロスを極力使わないようにご提案しています。

 

 

 

 

 

18窓工事

熱損失の一番大きな原因である、窓の断熱性能向上をリノベーションでは重要視しています。

出入りの多い掃き出し窓は、基本的にペアガラス+断熱フレームのアルミサッシュへ入れ替え、一日に何度も開け閉めしない窓はペアガラスのインナーサッシュの取り付けをご提案しています。

19外壁・屋根工事

多雨な気候の日本では、雨漏りが建物にとって最大の問題です。

外壁・屋根の全面塗装が必要な場合、既存の材料に適合した塗装工事をご提案いたします。

また、窓の入れ替えなどによって外壁を触らなければならない場合、焼杉・板壁などもともとの外観と調和する復旧工事を行います。

割れている瓦の補修や、瓦の全面葺き替え、板金屋根の葺き替えも承ります。

20外構工事

建物以外の外部、お庭やU字溝などの工事を行ないます。

同時に行うこともあれば、建物本体工事終了後に行なうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

21美装工事(クリーニング)

汚れないように注意を払いながら上記の各工事を行なっていますが、どうしてもホコリや汚れなどがついてしまいます。

お引渡し前には掃除のプロ、美装業者さんに汚れなど落としていただき、きれいにいたします。

 

 

 

 

 

22社内検査

当社全スタッフにて、50近くのチェック項目を検査いたします。

不具合がある場合は御引き渡しまでに是正いたします。

23施主検査

社内検査に前後して、お客さまと設計担当者、工事担当者立ち会いのもと、お客さまにも竣工前の各所の仕上がりをご確認いただきます。

 icon-home 見学会

お施主様のご協力で見学会を行なわせていただいています。

 

 

24引き渡し

引渡し書と受取書の交換を行ない、同時に設備説明等を行います。

住まいが完成した後も心地よい暮らしが永く続くよう、定期的な訪問・点検でお客様の大切な家をお守りします。

 

施工事例紹介

▶もっと見る

Copyright© 輝建設 株式会社 , 2019 All Rights Reserved.