東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

温故知新の新築

輝建設の新築

昔ながらの木と土をつかってつくるのが輝建設の家の基本です。構造材や内装材などは、高知県梼原町、三重県熊野市、島根県大田市などの林産地から直接仕入れています。

 

また昔ながらの樹脂やセメントを混ぜない土とワラスサだけの土壁も新築でも提案し採用していただいています。昔ながらの技と断熱、気密など現代の技術の施工レベルの向上も工務店仲間と切磋琢磨しています。

 

1.軒深く、引き戸でスッキリなエコハウス

昔ながらの町家や民家には、日本の気候や風土が生んだカタチがありました。雨の多い日本で、軒が深いのは外壁が傷むのを防いでくれます。引き戸は、開き戸にくらべて開け閉めに必要な床面積が少ないなどなどいろんな理由があって、日本の家の形がうまれました。

 

昔ながらの家にある、現代の建築技術にも劣らない、先人たちの知恵やその地域特有の気候に対処する技術を用いながら、電気や化石燃料に過度に使わない家をめざしています。

 

 

例えば、先ほどの軒のはなし。それを深く出せば、日差しや雨から外壁が守られます。傷みの進行が遅くなるので外壁塗装などのメンテナンスのサイクルが長くなります。夏は日差しが室内に入るのを遮ってくれるので、暑さ対策のひとつになります。少々の雨であれば、窓を開け放っていてても雨がはいってきません。

 

雨の話で言えば、当社では庇に守られない窓については極力、小さな庇をつけて窓上部からの浸水をコーキング(やその下の防水テープ)だけに頼らないようにしています。

 

 

こちらは大阪市内の20坪の土地に建てられた建築面積10坪の2階建てです。真ん中に一坪の庭があるコートハウスです。こちらのおうちの建具はすべて引き戸です。和室コーナーも壁に隠された引き込み障子で閉じることができます。

 

引き戸は、うまくプランに落とし込めば壁の中に隠すこともできます。またその壁の前に本棚やなにかを置くことなどもできます。また、少しだけあけておくなどということもできます。対して開き戸は開けるためのスペースが必要になり、そこはなにも置けない場所となってしまいます。

 

プランや予算などの兼ね合いでそれぞれにメリット、デメリットありますが安直に施工のしやすさや値段を訴えてメーカー製の開き戸をご提案はしていません。室内建具、できるだけ引き戸になるようにプランニングして、木製建具業者さんにひとつひとつ作っていただく木製建具をご提案しています。

 

2.断熱・気密工事は丁寧に施工を確認

「暖かい家はより愛着が生まれる」というさる有名な住宅建築家さんが言葉は、工務店向けの勉強会で聞きました。 どんなにかっこいい家をつくっても、そこが寒ければ、、、、、、我慢しながら住むことになります。ハウスメーカーでも建築家さんでも工務店など問わず、いまのこの時代、どこで建てても新築の家で高性能の窓や断熱材を採用すれば暖かいはず!ということはありません。 それらの性能を引き出せる施工があってはじめて本当に暖かい家が生まれます。

 

当社は「新木造技術研究協議会」に加盟し、高気密高断熱の施工に真剣に取り組んでいる工務店グループで日々研鑽を積んでいます。新築工事では工事中に気密検査を行っています。

高気密高断熱といえば、断熱材のイメージで気密って????というのが一般の方の印象でないでしょうか。当社で新築で主に採用しているのはボード気密工法。柱の外壁側にパッキン材をはって面材で押さえて気密をとっています。その他に室内側のシートを張って気密をとるシート気密工法というものがあります。

 

パッキンを使用して面材を留めるので壁内の湿気が外部に出て行く隙間もなくなりますので、この上にはる面材は透湿抵抗値の低い=湿気を通しやすい面材を張らなければいけません(当社ではモイス、ダイライトを使用しています)。

写真は当社の当社では、基本は柱間に断熱材を詰める重点断熱を採用しています。断熱材の施工でもっとも注意しなければいけないことは、断熱材を潰さずに隙間なく詰めることです。

 

当社の新築工事ではグラスウールの他に、お客さまの要望でセルロースファイバー(古新聞紙からつくった断熱材)やパーフェクトバリアー(ペットボトルからリサイクルした材料でつくる断熱材)などをつかっています。

断熱材を包むようにして柱の室内側面に防湿シートをはります。これは室内での生活で発生する水蒸気を壁内に流入させないためのものです。壁内結露リスクを軽減させます。防湿ですので、壁内の湿気は室内側へ逆流しません。万が一の場合は外壁側に放湿されますので、そのために先にお話しした透湿抵抗値の低い面材をつかって仕上げています。

 

写真は換気扇のダクトを新築工事中に室内側から撮ったものです。ダクトの周りをパッキン材(四角くて丸い穴があいたものです)でくるみ、気密テープで防湿シートに止めています。

 

せっかく、壁部分で注意をして気密をとっても、家にはたくさんの貫通部分があります。水道管、排水管、ガス管、電線、換気扇のダクトなどなど。その部分からの漏気を防いで高気密を保つためが部材がいまはたくさんでていて施工性があがっています。

 

このように注意深く暖かい住まいになるように気密、断熱の工事を行なっています。

 

3.いいものをリーズナブルな価格で

新築だからといって、新しいものだけで家をつくらなければいけないというわけではありません。例えば、古民家で使われていた板戸を再利用すると、新しくつくれば10万円程度のものが、30000円ぐらいからのご提供できます。

無節の高級な無垢材が使われた古建具に洗いをかけて緩んでいるところを直し、サイズの調整などの作業します。

これらをつかうことで、グレードをあげつつ予算をあげないという工事が行えます。古建具だけでなく、古家具や古材などでも同じような手法が使えます。

こちらの家は一見、古い家に見えますが、当社施行の新築です!建具だけでなく床板も再利用して、おうちを建てさせていただきました。

 

輝建設の家づくり

柱・梁

床板

内装

外壁

塗料

窓

 

お問合せ

まずは、お気軽にお電話下さい。

石切ヴィレッジ

 

Copyright© 輝建設 株式会社 , 2014 All Rights Reserved.