東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

中央工学校 竹中大工道具館見学

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

中央工学校OSAKA校の建築・古建築研究生を引率して「竹中大工道具館」を見学。

学芸員のマルロー西山氏は、とても丁寧でわかりやすく説明をしてくださり、

学生は大変勉強になったと思います。

曲げ尺の使い方にびっくりしていた様子で、昔の大工の偉大さに圧倒され、何度も勉強のため来館したいと言っておりました。

 

Exif_JPEG_PICTURE

▲▼竹中大工道具館

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

▲中央工学校の授業風景              ▲唐招提寺金堂実物大模型

 

▼石斧。樹(主に栗)を切るのではなく樹の繊維を剥がすことにより木を切断した。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

             吉野ヶ里遺跡の想像建家。この時代から柱が垂直に立つようになった。▲

 

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

▲断面から見た木取り   ▲カンナ                         ▲細かい細工をする石斧   ▲花頭窓

 

▼透かし欄間。最高の技術。色んな樹種を取り入れ、遠くから眺めると絵となっているのがわかる。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

   ▲茶室・竹小舞組

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら