東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

荒壁塗りの必需品・・・それは槍

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

工務部の横田です   ただ今泉佐野市にて古民家再生工事を行っております。 当工事にて土壁の塗り替えを行っておりますが、その経過をお伝えします。DSC_0742

上の写真は竹小舞編みのの状態の壁です。格子状に竹をシュロ縄で編みこみます。 DSC_0746

その小舞に荒壁土という、粘土質の土に藁を混ぜて発酵させたものを塗りこんでいきます。 DSC_0750

荒壁塗りは二人で、土を渡す役、塗る役と分担し、息の合った作業で塗り進めます。

DSC_0752

この写真の道具は 左官屋さんいわく、ヤリと言い、この道具は荒壁を盛って塗り役に渡す道具です。

このヤリに載せた荒壁を空中に飛ばして塗り役に渡す 荒業もあります。 DSC_0736

これは既存の壁を壊したときにでた土壁です。これに水を掛けて、稲藁を混ぜて捏ね上げるとまた新たな土壁の材料として 再利用することができます。       DSC_0737 

これが古い土壁を練って荒壁土に再生させたものです。 土壁は本来とってもエコな建築材なのです。しかし、

今はただ捨てられることが多いのですが、建築材以外にも 田んぼの肥料や竈を作る材にもなります。 すごいぞ土壁!

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら