東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

ヒノキとスギ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

先日、吉野の山を見せていただく機会があり、ヒノキとスギの見分け方を教えて頂きました。

 

まずは樹皮。ヒノキの皮は大きく、パリパリと簡単にめくれます。平たく大きくめくれるので屋根材にも適しています。「檜皮葺き」が有名ですね。スギの皮は細い繊維状で見た目にも綺麗で滑らか。こちらは外壁によく使われます。

樹皮の比較

 

次に葉っぱを見比べてみましょう!違いは一目瞭然ですね。ヒノキの葉は手のひらのように平たく鱗状に広がっています。葉の裏には気孔帯という白い溝があって、Y の字に見えます。反対にスギの葉は先がとがっていて一本一本シャキーンと生えています。葉の比較

 

山に入ると何となく歩くだけになってしまいがちですが、木のことを知ると、山をもっと楽しめそうですね。皆さんも今度山に入ったときは、是非上を向いて木々を見比べてみてください♪

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら