東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

大阪市都島区の昭和7年長屋の古民家再生

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

大阪市にある昭和7年につくられたという長屋の一室をリノベーションする工事をさせていただきました。傷んでいた外壁の一部も補修させていただきました。コンクリート造の地階に木造の2階建が乗っている構造になっています。

表通りより。数年前にタイルを外壁に貼られたそうです。

玄関土間は広めに取られています。もともとはキッチンがあった場所です。

土間から地階にいく階段。水回りは合板で仕切られた一角にまとめられています。

反対側から見たところ。水回りコーナーに浴室、トイレ、脱衣場が挿入されています。右手はミニキッチン。キッチンの壁はガルバリウム鋼板。

水回りコーナー内部。天井はガラス板で明かりが取れるようになっています。

1階奥の和室より。この部屋は美装、畳入れ替え、建具の補修程度の工事。

和室奥は縁側となっています。

地階より。吹き抜けが設けられて、光が落ちるようになっています。窓から隣の公園の緑が楽しめます。壁は木毛セメント板。

吹き抜け下には水が用意されて、大きな土間コーナーでいろんな作業ができるようになっています。

地階奥には6畳板間。

2階和室。

和室より廊下を望む。押入れは張り替えています。

2階洋室。こちらは壁の塗り替えのみ。明治の頃の擬洋風建築の雰囲気がとてもいい感じで、今の建築にはなかなか出せないものです

基本情報

建築地 大阪府大阪市 屋根
竣工年 2019年 外壁 タイル・ガルバリウム鋼板
内壁 ジュラク・木毛セメント板 杉・桧・畳
構造規模 木造2階建(RC地下1階付)
その他 昭和7年に建てられた賃貸物件の長屋。そのうちの一室をリニューアル工事。設計:ウズラボ一級建築士事務所 写真:多田ユウコ
この記事を書いている人 - WRITER -