東大阪・奈良で工務店による古民家再生・リノベーション、注文住宅の専門店

奈良県生駒市の古民家再生

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

明治時代の古民家再生リノベーション

生駒市といえば、生駒ニュータウンのイメージですが実は古民家が多いんです。今回は購入されての古民家再生をさせていただきました。ご主人のあこがれであった薪ストーブを設置。

 

長屋門。手前のブロック塀などを撤去してオープンな感じにしました。

 

もともと三つの部屋に分かれていたリビングは床を続けてはることで一室の大空間に。広葉樹の床板を貼っています。手前の部屋の床は杉です。

和室の照明は天井を綺麗に見せるために壁付けの間接照明をご提案。陰翳礼讃、部屋全体がコンビニのように均一に明るくなるのではなく、あかりに抑揚がうまれていい雰囲気になります。(とはいえ、高齢になった時のために天井への配線はしています)写真ではわかりにくいですが縁側も畳を敷いてごろごろできるようになっています。

 

もともと土間の場所が洋室になっていたのですが、洋室を撤去して土間にもどしました。虫籠窓(むしこまど)の内側にはガラスを貼って隙間風がいかないようになっています。

オープンウィンという全開口サッシを取り付けたので、春秋などはまどを開け放ってすごすことができます。

土間全体に大きな収納を設けて、居室がすっきりするようになっています。

お風呂は木製浴槽。床はコルクタイルで冷えが上がってこないようにしています。

 

木製建具はペアガラスのアルミ樹脂の複合サッシに交換して、窓からの熱損失を軽減しています。

 

床組をやりかえたときに、断熱材を敷きこんで、足元からの冷えないように工夫しています。

 

工事中に度々、お施主さんと現場にて打ち合わせを繰り返して、イメージ通りにすすめるようにしています。

 

基本情報

建築地 奈良県生駒市 屋根
竣工年 2017年 外壁 焼杉板、漆喰
内壁 中塗り壁 杉・ナラ
構造規模 木造軸組 平屋建て
その他 窓はペアガラスの断熱サッシュに交換。薪ストーブを設置。設計:輝建設設計部

 

この記事を書いている人 - WRITER -