輝建設の家づくりの基本

2018.01.04

小原響

新年にあたり、これまでの当社の家づくりを通して行っていたことを整理して言葉にしてみました。

このことを基本として、いろいろな住まいづくりを行っています。

輝建設の家づくりの基本

「ずっとここに住んでいたいと思える家」

わたしたちがつくる新しい家はなおしながらずっと長く住めるものを目指しています。

 

私たちがなおす古い家は新しい家のようにきもちよく、またここでずっと住んでいこうと思えるようなものを目指しています。

 

わたしたちは、
「なおせる」
「ずっと使える」
「経年変化がたのしめる」

そんなことに価値を見出しているものたちの集団です。

 

そんな私たちの

木の家づくりの根底にあるものは、

 

古い家をなおすことで知った
何千年もかけて培われてきた
昔ながらの木の家づくりの技術や知識。

 

新しい家づくりで触れる

技術革新がもたらす

現代の建材や住まい方。

 

このふたつをほどよく
使いこなす知恵です。

 

輝建設の工事では、

いまはあんまり見ない
古くから伝わる技術、建材も
たくさんつかっています。

 

そして、新築でもリノベーションでも

電気やガスなどのエネルギーに
過度に頼らずに暮らせるよう、

自然のエネルギーを
無駄なく家に取り込むデザインを
心がけています。

 

そんな家に住みたいお客さまのために

家づくりとその家守りが

それがわたしたちならではの仕事であり、
わたしたちのできる社会貢献だと思います。